大麻種を日本国内からお届けしております。内容をご確認・ご理解の上ご利用ください。


  • 大麻の種を所持したり購入することは違法ではありませんが、発芽させたり栽培するためには免許が必要です。当店は日本の法律を遵守して営業しております。充分ご注意ください。 また大麻取締法・麻薬特例法等などの法律を十分ご理解のうえご検討ください。
  • 標本として販売しています。コレクターズアイテムとしてご使用ください。
  • 麻薬特例法第9条に違反する行為(違法薬物の使用を煽る唆す)については一切行っておりません。
  • 当店ウェブサイトのサーバーは米国で運営されています。また、個人情報はお取引終了後にサーバーから削除しています。安心してお申し込みください。

海外ステルスパッケージ

大麻種販売マリファナ種子通販  大麻種販売  マリファナ種子通販

.........................................................................................................

  • お支払いは 【 銀行振り込み 】 または【 代金引換え 】 になります。
  • 1度のお買い物で、送料は全国一律700円、代引き手数料が300円になります。
  • 2パック以上のお買い物で送料・代引き手数料が無料になります。
  • 郵便局の書留郵便、代金引換郵便で発送します。
  • 郵便局局留め発送対応します(お支払いは銀行振り込みのみ)。
  • 午後1時までのお申し込み・入金確認の場合、当日に発送します。土日祝日でもお受け取りになれます。お受け取りの時間指定はできません。

メールについて(重要)


  • お客様がご注文内容を送信されますと、当店から確認のメールを自動送信します。5分以内にこの確認メールを受信できなかった場合は、以下の点をご確認ください。
    ■ メールアドレスの記入を間違ったため、当店にエラーメールが帰ってきている(お問い合わせください)。
    ■ 迷惑メールとして受信されている(YahooやGoogleなどのフリーメールご利用の場合は特に多いようです。迷惑メールフォルダーをご確認ください)。
    ■ 携帯電話のメールをご利用のお客様は特にご注意ください。受信設定・迷惑メール設定を十分ご確認のうえお申し込みください。

  • 当店の自動返信メールを受信しているのに商品発送の連絡が来ない場合
    少しややこしいですが、お客様の記入されたメールアドレスに、他のアドレスへの転送機能が設定されており、 もう一方のアドレスに受信拒否設定が施されている場合、当店にエラーメールが返ってきます。その場合、当方ではわからないので商品発送を保留する場合があります。 お申し込み後、24時間以内に商品発送の連絡が来ない場合は、設定をご確認の上メールでお問い合わせください。

脱法大麻種子の存在


ネットや街中の雑貨店などで、大麻の種が販売されてます。 大麻取締法の規制が適用されないため、大麻の種が公然と販売されていても、これを取り締まる法律がありません。 これと同じ現象が数年前からありました。さまざまなドラッグがインターネットや店頭で販売されているのに、麻薬として指定された成分が含まれていないため、 取り締まりが出来ずにいましたが、東京都の条例によって規制されたのは記憶に新しいことでしょう。 ドラッグや大麻の種に関して懸念されるのは、供給される情報の少なさです。若者の好奇心と、 抜け道を探して商品を売る業者があるのに、その実態を知りながらも何も対策を採らない無責任さがわれわれのなかに巣くっているようです。 取り急ぎ現在の状況を把握整理し、考えてみたいと思います。大麻の種についての法規制の実際について、まとめてみます。
現在日本において発芽可能な大麻種は、世間に流通しないよう管理されています。日本国内に存在している大麻種は、大きく分けて2種類あり、
1.大麻取締法に基づく大麻取扱者資格を持つ人が大麻の種や茎などを収穫するために栽培したもの
2.産業用に用いるため(香辛料や鳥のえさ)、加熱などによる発芽不能処理など輸入に必要な手続きを経て輸入したものがあります。
つまり法律によって、発芽可能な大麻種は資格を所持した農家によって管理され、産業用として外国から輸入されたものは、 発芽不能処理を施したうえで国内に持ち込まれるため、発芽可能な大麻の種が出回ることはありえないというわけです。 しかし一般に流通するはずのない、発芽可能な大麻種が市中に出回り、かなりの高値で売買されネットや雑貨店でおおやけに販売されている実態がみられるようになりました。 これが、今懸念されている大麻種問題です。現在出回っている発芽可能な大麻の種子は「脱法種子」と呼ばれています。

脱法大麻種の特徴


  発芽可能な大麻種を上記の方法で入手して、大麻を栽培するという事例は以前からありました。 海外旅行のついでに数粒の種子を持ち帰ったり、偶然野生で自生する大麻草を見つけて種を採取した等です。 しかし、現在話題になっている脱法種子と呼ばれているものには、これまでとは違う性格があります。
1.品種改良された輸入大麻種
ネットなどで販売されている脱法種子の多くは、THC濃度が高くなるよう品種改良されたもので日本国内で許可されて栽培されたものや、 食用として輸入されている大麻種とは、根本的に違うものです。 事実ネット上で大麻の種を販売しているサイトを確認すると、そこで販売されている種子の多くにブランドや生産国が表示されています。 またそれら商品には数々の特徴があります。
2.室内で栽培するために改良された品種
ネットなどで販売される大麻種の中には、室内での栽培に適した品種とうたっているものが多く見受けられます。一般人が大麻を栽培したり収穫することは、 どんな国でも禁止されているので、発覚を恐れて室内栽培が行われ、いきおい多種多様な改良された品種が出回っているのです。日本で室内栽培用として 販売されているのも、こうした改良品種です。 室内で大麻種を栽培するためには水耕栽培のための装置を用いて行われることもあり、人工的な照明や配合肥料を使用し屋外での栽培よりも 高THC濃度の大麻草を生産する場合もあります。
3.雌化種子
大麻草(マリファナ)には雄株と雌株の2種類があります。高THC濃度の大麻草(シンセミア)の収穫を目的に、 雄株を除去し交配しない状態での雌株のみを栽培する方法がとられます。開花前に確実に雄株を除去することは難しいため、 確実に雌株だけが発芽するよう改良された「フェミナイズド」というタイプの種が開発され、販売されています。 フェミナイズドされた大麻種とは、確実に高THC濃度の大麻草を収穫しようとする栽培者のために品種改良された種子であるといえます。
4.品種改良された高THC種子
THC濃度を高めるための栽培技術が発達した結果、今日ではききめの強い大麻を収穫することが可能になりました。 昔ながらの、屋外で栽培された大麻の一般的なTHC濃度は5パーセント程度と確認されています。資料によれば、最近押収された大麻のTHC濃度が高くなっており、 2010年では12パーセントになっています。市販の種子のなかには、 THC濃度15~20パーセントと表示されているものもあり、高THC濃度に改良されたものが販売されているようです。

Information


2017/3/10
商品入れ替えました。
2016/7/17
お盆期間 休まず営業します。配達・お受け取りOK
2016/4/18
GW期間営業します。